大人にきび 洗顔

大人にきびを良くする洗顔方法

洗顔

一度できてしまった大人にきびを治していくには、
正しいにきびケア方法がカギを握ります。

適切な洗顔方法は、肌を清潔に保つだけではなく、
肌の状態を正常に持っていく上でも重要なのです。

大人にきび改善のための洗顔方法の第一段階は、
ぬるめのお湯で顔を4、5回洗うことです。
お湯の温度は人肌ぐらいが理想的です。
徐々に毛穴を開かせていくにはぬるま湯が一番効果的で、
汚れが落ちやすくなります。

続いて、洗顔料を適量手に取り、
ぬるめのお湯を垂らし、丁寧に泡立てます。

きめ細かな泡で、有効成分が肌のすみずみにまで 浸透していくのです。
市販の泡立てネットがあれば、利用すると良いでしょう。

洗顔料がよく泡立ったら、泡で顔を包み込むように、
目や唇の周り、髪の生え際なども輪ずれずに、
顔にまんべんなくのせていきます。

脂がたまりやすい眉間や鼻の頭には、
初めに泡をちょこんと付け、脂が浮き出てから
洗顔料をなじませると良いでしょう。

洗顔料を顔にのせる際に、指に力を入れて
ゴシゴシこするのは禁物です。
大人にきびができた肌の状態は、普通の肌と比較して、
より敏感な状態になっています。

そこで、肌にあまり負担がかからないように、
泡でマッサージをするようにして、中心から外へ円を描くように、
優しくなじませていくのがコツです。

最後に洗顔料を洗い落とす段階では、
ぬるめのお湯で優しくていねいに洗い落としていきます。

洗顔料をすべて洗い落としたら、刺激にならないように
なるべくやわらかいタオルを使います。

軽く押さえるようにして、顔全体の余分な水分をふき取ります。
タオルはゴシゴシこするのではなく、むしろ顔の上に
軽く置くという感じにすると良いでしょう。

すすぎ後は全て洗い落とせたか、鏡で確認します。
すすぎ残しは大人にきびを悪化させる原因となるので、
注意が必要です。

大人にきびを良くするためには1日に朝と晩の2回を目安に、
洗顔を実施するのが最適です。
大人にきびが治るまでには、比較的時間がかかるものなので、
根気よく洗顔方法を続けていく必要があります。

★大人にきび注目のコスメランキングはこちらをクリック!

大人にきびの原因と対策

大人にきびの治療方法

大人にきびでもメイクしたい